世界総極真加盟道場

極真空手について:極真会館 世界総極真沖縄 空田道場 - 学童塾ファイトクラブ

極真空手について

  1. トップページ
  2.  > 極真空手について

English

館長 空田仁則

総極真沖縄 空田道場 師範/学童ファイトクラブ 館長

館長・師範 空田仁則

山口県生まれ、小学校から警察署内道場で柔道を学び、柔道二段、空手五段

1983年
大阪近畿大学より大学編入のため来沖
1998年
極真会館真地道場設立
2001年
極真会館佐敷道場設立
2007年
極真会館南風原道場設立
2009年
沖縄武道空手士真会設立 佐敷道場・南風原道場が加盟し連盟化
沖縄武道空手連盟土真会総本部となり地域膏少年育成の為活動中。多くの全日本チャンピオンやジュニアを育成している
2015年
全日本フルコンタクト空手道連盟(JFKO)加盟
2016年
W・K・O世界組手連盟加盟
2017年
極真会館 世界総極真加盟

世界総極真とは

極真空手の創始者・大山倍達総裁亡き後、極真空手は諸派に分裂し、玉石混合の様相を呈しております。諸派に分裂した結果、「極真空手」の道場は一気に増え、全国各地に道場が開設されました。手軽に「極真空手」を学べる状況が出来上がったことは喜ばしいことですが、逆にそれらの中には「極真」の名を利用し道場生を集めてはいるが、その中身は「極真」ではない道場もあることは事実です。
「極真空手を純粋に受け継ぎ、稽古に取り組む。」そんな当たり前の事も出来ない者が、先生・師範を平気で名乗っている道場もあります。「この人は本当に空手が出来るの?」という怪しい者が、先生・師範を名乗っている場合もあります。ただ「極真」の名前にしがみついているだけの道場もあります。
そのような状況を憂いた二人の範士がいらっしゃいます。大山総裁から直接手ほどきを受け、それぞれが選手権大会でも実績を残された『大石代悟範士』であり『長谷川一幸範士』であります。
「本流の極真空手を学びたい」
「純粋な極真空手を稽古したい」
という多くの人の声を背にこの両名が手を取り、立ち上がられました。
『真の極真空手を正しく世に広めたい』
『正しく大山総裁の遺志を継ぎたい』
という、強固な意志をお持ちの両名ですから、今後、多くの皆さんに直系の極真空手を伝授できると思います。


極真会館とは

国際空手道連盟 極真会館の歴史とは、大山倍達総裁の歴史である。
1923年に生を受け幼少の頃から拳法を学び、松儒館空手の開祖船越義珍先生の門を叩き、その後剛柔流空手、その他の格闘技を研究し、1947年に戦後初に開催された全日本空手道選手権大会で優勝。
また空手に生涯をかけることを決意し行った身延山・清澄山に籠もっての空手修行は有名な逸話である。
牛を拳の一撃で倒し、ビール瓶を手刀で切り、遂には猛牛をも倒し“ゴッドハンド”と呼ばれるようになる。
1952年に渡米して全米各地をまわりプロレスラーなどと真剣勝負を行って連戦連勝、同時に空手を紹介する。
その後も世界各国をまわって各種格闘技と戦い「カラテ」の名声を世界に広げる。
「空手こそ最強」の信念のもと、直接打撃制を提唱し、1954年5月に大山道場設立、1963年「国際空手道連盟 極真奨学会 極真会館」に改名、ここに極真会館が誕生する。


極真空手とは

当時の空手界においては、試合で突きや蹴り等の技を相手の体に直接当てることを禁じたいわゆる「寸止め」ルールが一般的であったが、そのことに異を唱え「自分の攻撃で相手が倒れる程のダメージを与えられたかどうかは実際に相手の体を叩いてみないと判らない」として、1969年に「直接打撃制(フルコンタクトルール)」を採用した「第1回オープントーナメント空手道選手権大会」を開催。 キックボクサーや他流派など様々な格闘家が参戦したが、上位はすべて極真勢となった。
国内においては1971年に大山総裁と極真を題材とした劇画「空手バカ一代」が発表され空前の極真ブームを巻き起こした。
その後も全日本大会、全世界大会を開催し、そのどれもが大盛況を博す。
これにより国内には 350 を越える道場、世界には 120 カ国以上に支部道場が存在し、非公認をあわせると総勢 1,200 万人もの道場生が在籍する世界最大の規模の空手団体となる。

極真空手の理念

総極真

大石代悟

代表 大石 代悟 最高師範
あの切れ味は、誰にも真似できないよ!

大石代悟最高師範の蹴りは、空手の神様である極真会館創始者の大山倍達総裁が「足技の天才、世界一」と評した。
その破壊力は、全日本大会や世界大会においても如何なく発揮され、世を震撼させた。
風車、とも喩えられた切れ味は、畏敬の念を込めて「妖刀村正(Kicks of Muramasa‘s sword)」と呼ばれるようになった。


長谷川一幸

長谷川 一幸 最高顧問

元祖 小さな巨人 ‘The Little Giant‘

極真会の中では、小柄な長谷川最高師範はどちらかといえば目立つタイプではなかった。が、異例の超スピード出世を遂げ、第1回全日本大会で3位、第2回全日本大会で優勝する。空手を始めてからわずか3年足らずのことである。
また、自身がチャンピオンになっただけでなく、これまでに多くの全日本チャンピオン、そして世界チャンピオンを育てあげ、体を張って極真カラテの看板を守り続けてきた数少ない最古参の一人である。
「小さな巨人」と呼ばれ、長谷川最高師範なくして極真の歴史を語ることはできない。そして今も、自身の精進と後進の指導の日々を送っている。
まさに、極真を代表する空手家である。その小さな巨人の活躍ぶりは、劇画「空手バカ一代」にも掲載されている。


各クラスのご案内

●キッズコース
保育園(3歳)~幼稚園・小学生のコース。幼稚園から小学生低学年までは、大きな声で返事、挨拶、気合いが出来、団体の中で行動・意思表示ができるようにします。中学年からは空手の動作を覚え、稽古を通して心身を強くします。
●一般コース
中学生~のコース。中学生以上を対象とした稽古です。(小学生も出席可能)空手の強さを求め、精神・肉体を目指します。また、大会出場希望の方は初級からも参加できる試合もあり、実力に応じて出場出来ます。
●選手コース
ハードな稽古を積んで、さらに上を目指すコース。試合に向けて不定期に行われ、チャンピオンを目指します。

極真空手を学ぶこと

極真空手は武道空手です。段階を昇るために自分で努力する事が武道です。
競技として試合では頂点はありますが、自分の身体を鍛え、技を磨くことには終点はありません。しかも自分自身のレベルで向上していけばどんどん道が聞きます。年齢も制限はありません。 60歳からでも始められます。礼節を重んじ自分に勝ち、これを成し遂げることで、「勇気のある」「人を思いやる」ことのできる「真の強い人間」になれるのです。今も昔もその精神を導くのは「師」です。私たちが責任をもって指導します。

幼児からなるべく早く始めることをお勧めします。

脳の発育を良くし、子どもの無限の可能性・才能を引き出しすばらしい人生を歩むための手助けをします。親が学ばせたいと思ったら、先ず入門させて下さい。子どもは自信がついたら面白くてたまらなくなり、急成長します。子どもが伸びる伸びないは「親次第」です。子どもも成人も、もっともっと学び、成長し自分に強くなっていくのです。

各道場と指導員の紹介

継続は力なり・・・必ず自分の力になります

極真会館空田道場の集合写真

極真空手の入会のご案内についてはこちらをご覧下さい

Sorada

World So-Kyokushin Okinawa Soradadojo
Representative Masanori Sorada shihan

館長・師範 空田仁則

Born in Yamaguchi Prefecture

1983
Cross over to Okinawa
1998
Kyokushinkaikan Maji Dojo established
2001
Kyokushinkaikan Sashiki Dojo established
2007
Kyokushinkaikan Haebaru Dojo established
2009
Leave the Okinawa branch of Kyokushin Kaikan
And founded Shishinkai
2015
Japan Fullcontact Karate Organization Member
2016
WKOJAPAN Member
2017
World So-Kyokushin Member

The World So-Kyokushin is

Founder of Kyokushin karate, after the death of President Masutatsu Oyama, Kyokushin karate was sprit into factions.
Due to factions, increased "Kyokushin Karate" Do-jo in all around Japan.
It is great thing that people can able to attend Do-jo to practice Kyokushin Karate in their hometown but at the same time,
sadly some of do-jo use the name of "Kyokushin" but they do not practice true Kyokushin..
It is sad thing to see, who does not keep hold of "True principle of Kyokushin karate in daily practice",
call themselves as "Master" or "Sensei" or there is one that never practice themselves for Karate but having karate Dojo.
Some of Dojo is just hold onto "Kyokushin" name only...
There is two Shihan (Master) "Daigo Oishi" and "Kazuyuki Hasegawa"
who has been practice under Masutatsu Oyama Sousai (founder, grand master of Kyokushin),
who also has great achievement in many Karate championships.
After Two master heard so many voice of people, "I want to practice true Kyushin Karate",
they decided to make "World So-Kyokushin" organization, who will practice "original Kyokushin Karate",
"carry out Founder Oyama's wish to teach Kyokushin Karate".
We believe that under the guidance of those two leader, we can pass onto true Kyokushin Karate.


Kyokushin Kai-kan is

History of The International Karate Federation is history of Kyokushin katate founder Masutatsu Oyama.
He was born in 1923, he been practicing Kenpo, he joined practicing Karate under Funakoshi Sensei,
then he went on to practice Goju-Ryu karate and other martial arts, he became champion of the first all
Japan karate tournament after the WWII in 1947.
You may heard about how he seclude himself in the mountain, order to perfection his Karate is legendary.
Then he went on to beat cow with his fist, cut the beer bottle with shutou (karate chop), defeat bull,
many legendary story continued. This is how people start call him "god hand".
In 1952, he went to US, he defeated many pro-wrestlers, and introduced Karate in US.
He went onto all around world, defeated many martial artists, at the same time, he introduced Karate to the world.
"Karate is the strongest " is his motto, he open Oyama Do-jo in May of 1954, on 1963, changed name
to "Kyokushin shoukaku-kan, Kyokushin Kai-kan". This is the beginning of Kyokushin Kai-kan.


Kyokushin Karate is

At the time, all the karate tournament was adapt sundome rule (stopping just before impact), founder Oyama disagree this's rule,
he firmly believe that "without full contact, how do you know that you really defeat your opponent...?"
On 1969, he organized "The First Karate open tournament" using full contact rule.
On the tournament, many other martial artists, even kick boxer joined the tournament but all the top ranking player was Kyokushin karate students.
On 1971, there was founder Oyama and Kyokushin karate' documentary movie "karate Baka Ichi-dai" was made, which made Kyokushin karate fever.
He continued organized All Japan Full contact Karate tournaments and World full contact Karate tournaments.
Due to keep his legacy, there is over 350 Kyokushin Do-jo, over 120 different country.
Include those who is non-certified Dojo, we have 12,000 people practice Kyokushin Karate today.

極真空手の理念

President / Supreme advisor

大石代悟

The other Hanshi, Daigo Oishi is the president of the
"a truly strong man" that can "be courageous" "to consider a person".
It is "teacher" that leads its spirit even now and again.We will teach with
responsibility.
I recommend you start early as possible from young children. I will commit
myself grow and improve you child's infinite possibilities and talents to walk a wonderful life.
When you wish to learn, it’s time to begin.
Children grow fast when they gain confidence.
Child growth is "by parent's behavior".
Both children and adults learn more, grow and become stronger to themselves.


極真空手を学ぶこと

The history of International Karatedo Federation
Kogami Kaikan is the history of Masuoyama president.
Born in 1923, he studied Kempo since childhood,
beat the gates of Dr. Yoshinobu Funakoshi, a
founder of Matsukyokan Karate, and then studied
Ryuuji Karate and other fighting sports.
It gets first place in the All Japan Karatedo
Championship Tour held in 1947 for the first time
since the war.He decided to put a lifetime on
Karate and he decided to practice Karate in the
mountain is a famous anecdote.He beat the cow with a fist stroke, cut the beer
bottle with a hand, finally defeated the fierce cattle and was called "God hand".hand".
He went to the United States in 1952 and won a victory with pro
wrestlers around the whole country.Also introduce Karate at the same time.
After that, he also fought various fighting sports around various countries around the
world and spread the fame of "Karate" to the world. Under the belief of [Karate is
the strongest] under the belief of direct batting system, established ohyamadojo in
May 1954, renamed to "World Karate Organization Kyokushin-syougakukai-
Kyokushinkaikan" in 1963, here kyokushinkaikan is born.

Significance of learning Kyokushinkarate

kyokushinkarate is martial arts karate.
It is martial arts that you make your own efforts to rise the stage.
Although there are peaks in the game as a competition, there is no end point to
train your body and your skills.Moreover, the road will open more and more as
we improve at our own level.Age is also not limited. You can start even from 60
years old.
By winning myself by winning courtesy and accomplishing this we can become
"a truly strong man" that can "be courageous" "to consider a person".
It is "teacher" that leads its spirit even now and again.We will teach with
responsibility.
I recommend you start early as possible from young children. I will commit
myself grow and improve you child's infinite possibilities and talents to walk a
wonderful life.
When you wish to learn, it’s time to begin.
Children grow fast when they gain confidence.
Child growth is "by parent's behavior".
Both children and adults learn more, grow and become stronger to themselves.

Introduction of Our Dojo And Instructor

継続は力なり・・・必ず自分の力になります

極真会館空田道場の集合写真

Infomation on admission to extreme vavuum hands

トップへ戻る